Topお知らせ診療のご案内アクセス
高次脳機能障害とはDr.なやの一口メモリンクEnglish

お 知 ら せ


 現在は電話での再診・処方が可能となっていますので、遠方の方や体調の優れない方は受付にお電話でご相談ください。


Topお知らせ診療のご案内アクセス
高次脳機能障害とはDr.なやの一口メモリンクBlank

診療のご案内


高次脳機能外来
(完全予約制)

<診療科目>
精神科・リハビリテーション科

医師
納谷 敦夫 Naya Atsuo
(精神保健指定医)
田中 有美 Tanaka Yumi
(リハビリテーション医学会専門医)


◆ 脳外傷や病気による脳損傷による高次脳機能障害の方の、診療や神経精神科的な検査とリハビリテーションを専門に行います。リハビリテーションは英国オリバーザングイルセンターに学んだ神経心理学的認知リハビリテーションを実践しています

◇ 上記に関する相談、診療、心理検査、投薬、診断書などの作成、認知リハビリテーションを実施します。

◆ 地域の医療機関と連携し、必要に応じて適切な医療機関に紹介します。

◇ また、月・火・金曜日の10時から4時まで、高次脳機能障害者のグループによる認知リハビリテーションを実施しています。

高次脳機能障害の
グループリハビリテーション
....」の詳しい内容は

ここをクリック


  木曜日の午前は失語症のグループ、午後は半日の認知リハビリテーションを行っています。

診療時間
午前( 9:30~12:30)
午後(13:00~16:00)  

初めて受診される方は、平日の午前中(10時30分~)に必ず電話で予約をしてから受診するよう、お願いいたします。
再来の方も、前回の受診時に予約をされなかった方は、必ず受診希望日の前日の10時30分~16時までに電話で予約をするようにしてください。

電話 072-236-4176

※受診時には【保険証】をお忘れなく!! 初診時、月が替わったときに必要です。

◆ 屋内駐車場、エレベーター、障害者トイレなどを設置していますので、車椅子による受診も可能です。

◇ 初診時には、可能な限り、紹介状、画像、心理テスト結果、医療機関での治療経過などをご用意ください。


なやクリニックでは、高次脳機能障害の専門療機関として充実した設備スタッフ体制を整えています

 充実した専門スタッフ 

医師3名、作業療法士5名、言語聴覚士3名、理学療法士1名
臨床心理士1名、精神保健福祉士2名、事務4名(非常勤を含む)

 充実した設備 


外来受付
 

待合室
 

診察室
 

言語療法室
 

心理検査室
 

リハビリテーション室
 

調理練習コーナー
 

グループ認知
リハビリテーション室

左麻痺の方用トイレ
右麻痺用もあります

Topお知らせ診療のご案内アクセス
高次脳機能障害とはDr.なやの一口メモリンクBlank

ア ク セ ス



北野田駅からバス「東山車庫前」、「深井駅行」、「鳳・西支所」行きで、「福田中」バス停下車、徒歩3分
深井駅からバス「北野田駅」行きで、「福田中」バス停下車、徒歩3分
■国道310号線沿いからは、「福町」行きで、終点「福町」で下車、徒歩5分

310号線を北から来た場合、福田の交差点を西に(右折)曲がる。最初の信号(福田西)を南に(左折)曲がり、最初の四つ辻を西に(右折)曲がる。
深井の方から来た場合、金山西の交差点を右折、突き当たり(スポーツ広場)を左折。

◎南海「北野田」駅にはエレベータがあります。南海バスはほぼ全車、車いすのまま乗ることができます

Topお知らせ診療のご案内アクセス
高次脳機能障害とはDr.なやの一口メモリンクBlank

高次脳機能障害とは


 交通事故などの脳外傷や脳血管障害、脳炎などの病気により、脳に傷がつきます。
 この傷の場所や程度によって、様々な症状が出てきます。
 最初は意識がなくなりますが、次第に意識が回復し、リハビリテーションで症状は良くなりますが、
身体障害が残る人もあります。
 また、次のような高次脳機能障害の症状が出てくることがよくあります。

注意障害があると、
 一人でいると寝てしまう。
 何もしないでぼーっとしていたり、ずっとテレビを見ている。
 ドアが開いていると、つい入ってしまう。
 人の話していることに口出しする。
 周囲の状況に無頓着。
 同じ作業が長く続かない。
 何かあるともとの仕事に戻れない。
 一時に一つのことしかできない。

記憶障害があると、
 約束が守れない。
 なおしたものが盗まれたと思う。
 作り話をする。
 何度も同じことを聞く。
 メモを書いたことを忘れる。

遂行機能障害があると、
 仕事の段取りができない。
 例えば料理が仕上がらない。
 何かの作業がある程度できるようになっても、状況が少し変わるとできなくなる。
 計画が立てられない。
 用意が間に合わず遅刻する。

人間関係がうまくできなくなることがあります、
 後先のことを考えずに、行動してしまう。
 周囲の人を傷つけることを言う。
 感情が顔に出やすく、つい大げさな反応をしてしまう。
 じっとしていられない。
 質問が終わらないうちに答える。

こうした高次脳機能障害の症状以外に、
 けいれん発作や頭痛、視力障害、平行機能障害といった神経症状や、元気が出ない、気分がうっとう
しいといったうつ病、ドキドキする、眠れないといった神経症になることもあります。

Topお知らせ診療のご案内アクセス
高次脳機能障害とはDr.なやの一口メモリンクBlank

Dr.なやの一口メモ


 脳損傷の重症度の予測

 「怒りっぽくなった」

 高次脳機能障害は、何科の医師が診る?

 トイレの話

 失語症について

 聴覚過敏

 忘れるということ

 高次脳機能障害という言葉

Topお知らせ診療のご案内アクセス
高次脳機能障害とはDr.なやの一口メモリンクBlank

リ ン ク


 堺脳損傷協会

 脳損傷リハビリケアセンター ヘッドウェイ堺

 堺市立健康福祉プラザ

 堺市こころの健康センター

 堺市医師会

 大阪急性期・総合医療センター
  (障がい者医療・リハビリテーション医療部門)

 大阪府障害者自立相談支援センター

 大阪府こころの健康総合センター

 大阪精神科診療所協会

 厚生労働省

Topお知らせ診療のご案内アクセス
高次脳機能障害とはDr.なやの一口メモリンクBlank
© Naya Clinic. All Rights Reserved.